© 2019 COPYRIGHT ENXJIN INC.

〒550−0005 大阪市西区西本町 1-4-1

オリックス本町ビル4階

〒100-0004 東京都千代田区大手町 2-6-1

朝日生命大手町ビル2F

RPAとは?

なぜ今、RPAが注目されているのか

 RPAが台頭する前から、パソコンの操作(マウスやキーボード入力)の動きを記録し自動実行させるソフトウェアはたくさんありました。にもかかわらずRPAという名前で注目され出したのはなぜでしょうか?

それは、日本の労働環境の変化に大きな要因があると考えます。

その中でも人口が減少傾向にあるのは、労働環境においては、危機以外のなにものでもありません。

更に言えば、日本の労働人口が減り、人材不足になるということは、労働者の競争率が低くなる、結果、努力をしなくても就職できたり、雇用が継続されるのです。企業側から見たときに人材本来のポテンシャルを発揮しない人をたくさん生んでしまいかねないのです。

また、せっかく育てた優秀な人材は、今やキャリアアップのために転職したり独立してしまいます。

 このような時代背景を危惧して、日本政府は10年先20年先を見据えて「働き方改革」を推進していることから、その主役の座としてRPAへの期待が今の注目へとつながっているのでしょう。

さらには、RPAロボを雇用したと考えたとき、どのようなメリットがあるでしょうか?

勤務中にSNSに変な動画を流したりはしません。忠実に命令された業務をひたすら繰り返し作業します。

休息も必要ありません。時々のメンテナンスは必要でしょうが、電気代ひとつで24時間働き続けます。

もちろん残業未払い請求などもしてきません。人間のような思考の低下などのムラがなく、たえず一定のパフォーマンスで状況を判断し、結果を残すので、非常に正確です。そしてなによりも目にも止まらぬ早さで作業を処理していきます。

その結果、人間が10日かかってやっていた作業を1時間で済ましてしまうことも可能なのです。

人材は、そのロボを脅威と感じることで、自分の存在意義を別の形で発揮するきっかけになるでしょう。

また繰り返し作業などのルーチンワークや、定量化できる条件処理などから人材を解放することができます。

いかがでしょう、いいことだらけで逆に疑ってしまいたくなるくらいではないでしょうか?

​ぜひ、この機会にRPAに目を向けていただければ幸いです。